知っておきたい生命保険控除とは

生命保険料控除とは、生命保険に加入すると、払い込んだ保険料の一定額が契約者のその年の所得から差し引かれ所得税と住民税の負担が軽減される制度です。
「一般生命保険料控除」と「年金保険料控除」との2種類あります。
「一般生命保険料控除」では保険金受取人が、契約者かあるいは配偶者もしくはその他の親族である保険が対象など適用条件があります。
「年金保険料控除」にも一定の適用条件があります。 1月1日から12月31日までに払い込んだ保険料を年間払込保険料と言い、その額に応じてその年の控除される金額が決まってきます。「一般生命保険料控除」の場合、所得税が年間払込保険料10万円(その年の配当金は差し引く)を超えると一律5万円、住民税が7万円を超えると一律3万5千円です。「年金保険料控除」も計算方法は同じです。
サラリーマンの場合、「年末調整で税金が戻ってきた」という話をよく耳にしますが、この控除もその理由の一つです。

学資保険と生命保険控除

学資保険は「一般生命保険料控除」の対象となりますが、お父さんが別に加入している保障タイプの生命保険も「一般生命保険料控除」の対象ですので、両方加入した場合は合計の保険料が年間払込保険料になります。(保障タイプの保険だけで10万円は超えてしまうケースが多いでしょう。)
なお、この生命保険料控除は平成24年1月1日以降に契約した場合(それ以前に契約している場合は現行の計算式が適用されます。)変更になります。注意する点は一般生命保険料控除だけで見れば、控除額が減額となります。

このページの先頭へ

  • サイトマップ