入院特約は付けた方が良いのか~返戻率を高めることを優先に考えよう

学資保険に子供の入院特約を付けるかどうかは迷うところかも知れませんが、やはり教育資金の準備という目的に沿って考えれば、学資保険にセットするのは控えた方が良いと思います
営業の方からの「大事なお子様がもし入院されたことを考えれば特約も必要ですね。」というセールストークを耳にするとついつい付けなければいけないと考えがちです。

でもよく考えてください。特約を付けたからといって子供が安全ということではありません。
「子供の為に!」と理由もなく付けてしまいそうになるのはわかりますが、ここは「子供の為に重点的に教育資金準備を!」と考えてください。

そこで、子供の入院特約確保の方法をお教えいたします。通常、子供が生まれるとご家族を守る為お父さんの保障タイプの保険を入るか今まで加入していた保険を見直すことが多いと思います。(既に加入している保険をそのままでも特約だけ型の変更をすることも出来ます。) そのお父さんの保険に付けている病気・災害入院特約をお母さんと子供も家族みんなで入れるタイプにするのです。
子供は通常20歳になるまでしか保障は付きませんが一人でも二人でも三人でも…十人の子供でも保険料は同じです。入院保障はみんなお父さんの保険にまとめてしまうのです

何度も言いますが教育資金の準備に資金は重点的に充てて、返戻率を高めるようにした方が目的に適っていると考えてください。

このページの先頭へ

  • サイトマップ