学資保険のメリット~長期的・計画的に積み立てが可能・万一の場合の保険機能も

保険料を払っていけば必要な時期に合わせて目標の教育資金が確実にもらえます。
つまり、長期的(主に18年間)かつ計画的に積み立てが出来るということです。
そんな面倒なことをせずに、要は貯金をすればよいのだろうとお考えの方もいると思いますが、貯まった貯金はついつい目の前の必要な資金に使ってしまい、実際には思うように貯めていくのは難しいものです。学資保険であれば教育資金という目的に的を絞ることができるのです。
長期の資金準備であり必ず必要となる資金ですので、ハイリターン・ハイリスクを求めてはいけません。いちかばちかで子供の教育を考える親はいないと思います。確実に安定的に準備する必要があります。
多くの保険会社では、契約者である親が万が一死亡した場合掛け金が免除され、教育資金は予定通り支払われます。貯蓄と違って保険機能がまさに生きる場面です。

学資保険のデメリット~返戻率をチェックしよう

高金利は望めません。
運用に自信がある方にとっては金利に魅力を感じることはないでしょう。
なかには、保障機能を充実させているため元本割れするものもあります。後でご説明しますが、掛け金累計に対してどのくらい戻ってくるのかを「返戻率」という指数で商品をご説明しますが、100%を切るものもあります。返戻率を見ながら商品を選ぶ必要があります。

学資保険は教育資金に目的を絞ると言いましたが、裏を返すと資金を簡単には引き出しにくいということが言えます。預貯金と違って簡単には入れたり出したりは出来ないということになるので、人によってその点はメリットでもあり、デメリットでもあるでしょう。 しかしながら、保険には「貸付」という制度があって解約せずに貯まっているお金の一定範囲内で、若干の利息は付きますが、一時的に貸付を受けるという方法もあります。

万一、加入する保険会社が破綻するという事態が発生した場合、満期保険金や給付金が減額される場合がないとはいえませんが、生命保険の場合「生命保険契約者保護機構」というものがあって責任準備金の90%まで保護されるというような契約者保護制度があります。(銀行が破綻した場合に「預金保険機構」で元本1000万まで保護されるのと同じ)
いずれにしても経営の安定した保険会社を選ぶという視点も必要です。

このページの先頭へ

  • サイトマップ