教育資金はいくら必要か?

教育費に関しては「これからたくさん掛かるのでは?」と漠然と不安を抱えている方も多いでしょう。
テレビ・新聞などの情報では子供一人につき最低でも1,000万円以上は掛かる(もっとと言われることもありますし)とか言われていますね。 では実際にはどうなのか?データを調べてみました。

【教育費データ】

大学4年間の教育費 (AIU保険会社「現代子育て経済考」)
①国立大学    492万円
②私立大学(文系)604万円
③私立大学(理系)702万円  但し医歯薬系を除く


幼稚園から高校までの子供の学習費調査(H20年度文部科学省)
①全て公立      551万円
②高校のみ私立    689万円
③中学高校は私立   916万円
④全て私立     1663万円 
 (うち 私立小学校は836万円)

学費は18歳までに計画的に~他の資金とのバランスを考えることも必須です

昔と比べると国公立の授業料でも随分値上がりしてきました。そのほかにも塾代やピアノ、スイミング、英語など習い事が一般的になり、教育費は昔では考えられない程あれもこれもと幅広く掛かる時代になりました。
こんなに掛かるとなると「入学金、授業料が払えないから大学はあきらめさせる・・」
そんな考えが浮かんでこないでもないですが、とてもそんなことが言えるわけがありません。
そんなことになったら、親も子供も大変つらいことです。

よく考えてください。子供が生まれると大学入学はほぼ"18年後"です。準備する期間が確定するのです
まずは目標を定め、それに向けて計画的に早くからコツコツと積立てを開始するのです。

一方でいろいろな資金準備のバランスも考えておく必要があります
ライフプランにおいて資金準備と言えば「3つの資金」をしっかり押さえておかなければなりません。
今回のテーマである「教育資金」に加えて「マイホーム資金」「老後の生活資金」です。この3つの資金はそれぞれが影響を及ぼし合うのです。特に「教育資金」と「マイホーム資金」とは出費の時期が重なりますので、その意味からも計画性は大変重要になってくるのです。



<教育資金と生活費のバランスに苦労したAさんの体験談>
私は教育資金はお金を貯めておきさえすれば、そこから取り崩していけば何とかなるだろうと考えていました。でも現実はなかなかうまくいかず、その貯金は住宅取得の頭金に消え、親の介護費用に消え、子供の塾代に消えていきました。子供3人(一才おきで)を大変な思いをしてなんとか大学卒業をさせることが出来ましたが、2番目、3番目の子供の大学入学時は銀行の教育ローンのお世話になりました。その返済は10年程(ローンを受けて一定期間は返済据え置き利用)掛かりました。利息分も含めて返していくということはなんとも気が重いものです。その時、何で教育資金の準備を計画的にしてこなっかったのだろうかと後悔もしました。「利息が付いて貯まっていく」のと、「金利を含めて返済していく」ということは全く意味合いが違います。




ピックアップ 保険市場  今月の人気学資保険ランキング

学資保険選びに役立つのが、日本最大級の保険比較サイトである保険市場。
品揃えが多く、各学資保険の特徴や人気の人気の学資保険ランキングも掲載されているので参考になります。 1社だけでも一括でも無料の資料請求ができるので便利です。

保険市場の今月の人気学資保険ランキング  で詳しくみることができます。


このページの先頭へ

  • サイトマップ