契約者を誰にするか?

学資保険の契約者は通常、父親と考えがちですが、母親が契約者になることもできます。
一般的には保険に入るなら「若い方が安い」「女性の方が安い」と言われますが、学資保険の場合も保障性の観点では若い母親にした方が安くなるといえます。
保障の内容をどうするかによりますが、父親の場合・母親の場合と、それぞれの設計プランを出して見て、払込保険料累計と受取額合計とを比較してみるのもひとつの方法でしょう。
その結果「返戻率」が若干変わってきます。
なお、保険料払込免除特約をセットする場合は、契約者が死亡等のばあい保険料が免除され育英資金など予定通り支払われるという特約ですので、その場合は主たる生計維持者を契約者にした方がニーズに合っています。
一方、保険会社によりますが、祖父祖母を契約者にすることができる取り扱いをしているところもあります。
おじいちゃん・おばあちゃんがかわいい孫のために保険を掛けてあげるというのもあり得ることです。
返戻率というよりも両親が負担せず掛け金をお願いできるならばそういう方法もありかもしれませんね。





ピックアップ 保険市場  今月の人気学資保険ランキング

学資保険選びに役立つのが、日本最大級の保険比較サイトである保険市場。
品揃えが多く、各学資保険の特徴や人気の人気の学資保険ランキングも掲載されているので参考になります。 1社だけでも一括でも無料の資料請求ができるので便利です。

保険市場の今月の人気学資保険ランキング  で詳しくみることができます。


このページの先頭へ

  • サイトマップ