喘息の父親が子供が生まれたので学資保険に入ろうとしたところ、断られました。父親 が喘息でも加入する方法はありませんか。

確かに喘息の方が保険に加入するのは難しいかもしれません。でも、あなたは今回何を求めているのでしょうか?
      ①父親の保障が欲しい
      ②生まれた子供の保障が欲しい
      ③子供の教育資金準備がしたい
おそらく、「③子供の教育資金準備がしたい」が主目的だろうと思います。
学資保険の場合、一一般的には「契約者→親 披保険者(保険の対象)→子供」になります。
契約者である親が万が一死亡した場合、死亡保険金かおり「保険料免除特約」が付いていれば、その後の保険料の支払いが免除となります。
良い制度だと思えますね。
でもよく考えてください。
死亡保障や保険料免除特約はダダで付いているわけではありません。
その分の保険料が取られているのです。
主目的である「教育資金の準備」という意味では、積立資金がその保険料に食われて資金効率が悪くなります。
よく「返戻率」が比較指標として出てきますが、これは返戻平を下げてしまうことになるのです。
一方、父親の保障は学資保険で考えるのではなく、父親白身が披保険者とたってご家庭を守るにふさわしい大型保障の保険で検討する方が良いと思います。
喘息の場合でも人間ドックの資料などを提出することで、何らかの条件が付くかもしれませんが加入は出来るケースが多いと思います。
(学資保険の場合は告知書扱という加入方法で、単純な受理可否判断になるため入れないケースが多くなります。)
したがって、学資保険の場合であれば契約者は母親でも良いのです。
むしろ、保険は「女性の方が」「年齢が若い方が」保険料は安いのですから。
また、先に言いましたように保険料免除特約は付けない方が返扁平は高く目的に沿ったものになります。
どうしても契約者は父親にしたい場合は、契約者の死亡保障や保険料免除特約が付いていない保険(つまり健康状態を問わない)ということになります。
この代表的な保険はアフラックの「夢みるこどもの学資保険]です。
要は子供が一番お金が掛かる大学受験の時に受験料・入学金などの教育資金がしっかり準備できていれば良いのですから…。





ピックアップ 保険市場  今月の人気学資保険ランキング

学資保険選びに役立つのが、日本最大級の保険比較サイトである保険市場。
品揃えが多く、各学資保険の特徴や人気の人気の学資保険ランキングも掲載されているので参考になります。 1社だけでも一括でも無料の資料請求ができるので便利です。

保険市場の今月の人気学資保険ランキング  で詳しくみることができます。


このページの先頭へ

  • サイトマップ