学資保険はどんなタイプに入ったら良いの?

学資保険は保険料を積み立てて大学入学特等に教育資金を受け取るむのですが、各会社毎にいろいろなタイプが販売されています。
一時金がどのように支払われるかで区分してみて見ますと、大学入学時に照準を合わせて一時金として受け取るタイプが基本ですが、小学、中学、高校、大学の各節目毎に基本保険金の何割かが受け取れるものや大学入学特と在学中にも毎年受け取ることが出来るものなどがあります。
教育資金となる一時金の他に、お子様の死亡保障やケガ・病気で入院したときの保障がセットされていたり、契約者となるお父さんなどが契約期間中に死亡したときそれ以降の保険料が免除される特約がセットされている場合もあります。
選択のポイントとしては、お子様の医療保障や契約者が万が一の特の保険料免除特約などをセットすると、保険料の一部が保障の保険料に充てられ、積み立てられる保険料が減ってしまうことになります。
つまり、掛けた保険料に対する戻り金の“戻り率”が悪くなってしまいます。
したがって、「大学入学時に資金がいくら戻るか」ということが最大のテーマになりますので、大学入学年齢特の戻り率が最も高いものを選ぶことがポイントになってくると思います。





ピックアップ 保険市場  今月の人気学資保険ランキング

学資保険選びに役立つのが、日本最大級の保険比較サイトである保険市場。
品揃えが多く、各学資保険の特徴や人気の人気の学資保険ランキングも掲載されているので参考になります。 1社だけでも一括でも無料の資料請求ができるので便利です。

保険市場の今月の人気学資保険ランキング  で詳しくみることができます。


このページの先頭へ

  • サイトマップ