低金利の時代に長期の学資保険に入るのは有利なの?

逆にこのような質問も出来ますが…「今のような低金利の時代に銀行、ゆうちょに貯金しますか?」
いずれにしましても、リスクをとってでも高金利を求めるというならば他の金融商品もあるでしょう。
しかしながら、犬切なお子様の将来の教育資金の準備を万が一にも運用に失敗し予定した金額の半分になってしまったなどということがあってはならないわけですので、安定した運用を前提に考えなければなりません。
しかも10年を超える長期になりますので、高金利でなくても学資保険で検討するのが妥当ではないでしょうか。
教育資金の準備は金利情勢が良くなってから始めるという訳にはいきません。
お子様がお生まれになってすぐ計画的に準備を開始するのが賢明です。
ここで、少しややこしい話になりますが保険の仕組みをご説明します。
保険は保険料を算出するにあたり「予定利率」という一つの要素を取り入れています。
(何パーセントで運用できるかを想定し予め割り引く方法)
その「予定利率」は、今は低いため保険料は高めに設定されます。
しかしながら、実際の運用利回りが高いときには、予定利率を上回った分は利差配当という形で契約者に還元されます。
ここが昧噌です。
金利情勢が良くなればちやんと配当として契約者に戻ってくるのです。
したがって、加入の時期を先延ばしする必要はないのです。
むしろ預貯金の方が低金利が固定してしまうリスクが高いのです。
学資保険はやはり長期の資金準備には適している方法だと言えると思います。





ピックアップ 保険市場  今月の人気学資保険ランキング

学資保険選びに役立つのが、日本最大級の保険比較サイトである保険市場。
品揃えが多く、各学資保険の特徴や人気の人気の学資保険ランキングも掲載されているので参考になります。 1社だけでも一括でも無料の資料請求ができるので便利です。

保険市場の今月の人気学資保険ランキング  で詳しくみることができます。


このページの先頭へ

  • サイトマップ