子供が大学進学後、親元の家計が苦しくなったらどうしたら良いのでしょう?

日本学生支援機構の奨学金には「緊急採用(応急採用)」という制度があります。
これは名前の通り経済的に困ったら急ぎ対応してもらえる緊急融資制度で、
学校を通していつでも申込みが可能です。
連帯保証人は定年などを迎えて無収入になった父親でも大丈夫です。
連帯保証人や保証人がいない場合は、保証料を払う機関保証も利用することが可能です。
“緊急”といっても申込みから振込みまでは2ケ月程度掛かるようです。
学費納入については延納や分納を認める大学も多いようです。
同志社大学では大学独白の貸与奨学金の緊急採用や、生活費を緊急に借りられる「短期貸付金」もあります。
いろいろな制度が用意されていますので、大学に早めに相談するのもひとつの方法ではないでしょうか。
一方、日本政策金融公庫や中央労働金庫の教育ローンもあります。
金利は固定でも年2%台(H25年1月現在)。
中央労働金庫では保証料が金利に上乗せされます。
一般の市中銀行でも教育ローンはありますので窓口で相談してください。
教育費は出来る限り学資保険などを利用して計画的に準備をしていきたいものですね。





ピックアップ 保険市場  今月の人気学資保険ランキング

学資保険選びに役立つのが、日本最大級の保険比較サイトである保険市場。
品揃えが多く、各学資保険の特徴や人気の人気の学資保険ランキングも掲載されているので参考になります。 1社だけでも一括でも無料の資料請求ができるので便利です。

保険市場の今月の人気学資保険ランキング  で詳しくみることができます。


このページの先頭へ

  • サイトマップ