学資保険はいつ入ったら良いでしょうか?

お子様が生まれたらなるべくすぐ加入した方が良いと思います。
なかには妊娠中の出生前に申込みを受け付ける保険会社もあるほどです。
目標はお子様の大学進学時となる18歳になります。
大学入学時には受験料に加えて入学一一時金や授業料などの支払いが1 5 0万円~200万円ほど必要になるケースが多いです。
さらに在学中の授業料も毎年1 0 0万円以上必要になってきます。
生まれたら早速川口大して計画的に積立を開始することが大切です。
小学、中学、高校の教育費は、家計のやりくりでなんとかできると思いますが、大学入学資金と授業料となると家計のやりくりでは難しい金額となってきます。
さらに、理系などの進路であればもっと資金を準備しなければならないということになります。
進路は生まれたばかりでは漠然としていると思いますが、中学生ぐらいになると進路が定まってくると思いますので、そこでもう一復員金準備を見直す必要が出てきます。
注意しておきたいこととして、小さい頃からの英語やスイミングなどの習い事や塾通いにあまりお金を掛けすぎると将来の資金準備に支障をきたすことも考えられます。
大学卒業するまでの長い期間を想定し計画的に準備をしてまいりましょう。


*高校と大学の授業料などの教育費はどの位掛かるか

高校3年間 約155万円(公立)   約294万円(私立)

大学4年間 約243万円(国公立)  約384万円(私立文系) 約518万円(私立理系)

合計    約398万円      約678万円~812万円

※今は公立高校無料化(私立は減額)されていますがいつまで続くかわかりませんよね・・・。





ピックアップ 保険市場  今月の人気学資保険ランキング

学資保険選びに役立つのが、日本最大級の保険比較サイトである保険市場。
品揃えが多く、各学資保険の特徴や人気の人気の学資保険ランキングも掲載されているので参考になります。 1社だけでも一括でも無料の資料請求ができるので便利です。

保険市場の今月の人気学資保険ランキング  で詳しくみることができます。


このページの先頭へ

  • サイトマップ