積立貯金と学資保険の金利について比較をしたい!

積立貯金は、毎月積立をして一定期間後に積み立てられた資金に利息がついて受け取るというものですが、現在の金利状況では利息は微々たるものだと思います。
因みに現在、
  *某銀行では…予め指定された日に自動的に口座から引落としされて定期預金として利息が付くものですが、金利は0.02   5%~0.030%位です。
  *ゆうちよ銀行では…自動積立定期貯金というもの部あり、最長で5年預け入れることが出来ます。預け入れ機関に応じ   て金利が立うのですが、1年・2年で0.035%、3年・4年で0.05%、5年で0.06%です。
一方、学資保険はどうかと言いますと、金利という側面で見れば同じく高金利は望めません。
さらに保険という機能を兼ね備えていますので、死亡保障や医療保障などを厚く付帯すれば受取額部掛けた額を下回ることになります。
したがって、教育資金の積立という目的に絞って学資保険を考えるのであれば、死亡保障や医療保障は付帯しないようなタイプで加入をした方部趣旨に洽っていると言えます。(保障は別の商品で考える。)
いずれにしましても、毎月いくらを掛けて何年後にはいくら戻ってくるか(戻り率)という視点で比較をされたらよいと思います。
本サイトでも保険会社毎の戻り率の比較一覧表を掲載していますので参考にして下さい。
但し学資保険の場合は契約者(親が契約考となること部多い)の年齢、性別今枝保険者(子供)の年齢などによって掛金と戻る額が変わってきますので、ご自分の場合の各保険会社の見積もりを取寄せて具体的に検討された方部良いと思います。
ここで汪意しておかなければならないこと部あります。受取り時の課税部立うということです。
積立貯金は利息に対して20%の源泉分離課税かおりますが、学資保険の場合は一時所得となります。
特別控除の50万円がありますので、50万円以上の利息が付かなければ課税額はゼロということです。
   *課税の計算式→(「受取額]-「掛けた額の累計」-50万円)×士/2
この点が学資保険のメリットです。
さらには、掛けている期間は学資保険の保険料は生命保険料控除の対象となり毎年の所得から一定額が控除されます。(お父さんが別に保障重点の生命保険に加入していた場合はそちらと合算で判定されます。)
その意味からも学資保険を中心に“戻り率”にポイントを置いて商品選択をされたら良いと思います。





ピックアップ 保険市場  今月の人気学資保険ランキング

学資保険選びに役立つのが、日本最大級の保険比較サイトである保険市場。
品揃えが多く、各学資保険の特徴や人気の人気の学資保険ランキングも掲載されているので参考になります。 1社だけでも一括でも無料の資料請求ができるので便利です。

保険市場の今月の人気学資保険ランキング  で詳しくみることができます。


このページの先頭へ

  • サイトマップ