学資保険といってもいろんなタイプがあってわかりにくいのですが、どのように考えて 商品を選んだらよいのでしょうか?

まずは、あなたの学資保険加入の目的をはっきりと認識することです。
大きく分けて学資保険には2つのタイプがあります。「貯善性を重視したもの」と「保険の保障機能を重視したもの」です。
契約者であるお父さんが万一死亡の場合それ以降の保険料が免除される保険料免除特約付きのものや、お子様が病気になったとき入院給付金や見舞金が出る医療保障特約付きのものなどがありますが、このような保障機能を充実すればするほど貯蓄性はどんどん下がってしまいます。
反対に、このような保障機能を付けずに学資保険に加入すれば貯善性は上がることになります。
セールスの方に「こんな場合にはこんな保障もあるんですよ」と説明されれば「それは良いですね」ということになり、ついついいろんな特約を付けたくなるものです。
しかしながら、ここで学資保険加入の目的をはっきり認識してください。
お子様の教育費、特に大学入学時にかかる「受験料」「入学金」「初年度納付金」などの多額の教育資金を準備することが目的なのです。
さらには、大学4年間の授業料や下宿費用なども準備しておきたいものです。
したがって、貯善性を重視した学資保険を選択することが大切なのです。
よく学資保険の貯善性を表す指標に「返戻率」という言葉があります。
18歳に照準を当ててこの返戻率が高い商品を選ぶようにしましょう。
ちなみに、お父様の保障やお子様を含むご家族全員の医療保障は、お父様自身の保険などで十分カバーできるのです。
なにもお子様の学資保険に付けようと考えなくて良いのです。。





ピックアップ 保険市場  今月の人気学資保険ランキング

学資保険選びに役立つのが、日本最大級の保険比較サイトである保険市場。
品揃えが多く、各学資保険の特徴や人気の人気の学資保険ランキングも掲載されているので参考になります。 1社だけでも一括でも無料の資料請求ができるので便利です。

保険市場の今月の人気学資保険ランキング  で詳しくみることができます。


このページの先頭へ

  • サイトマップ